どうやって物件を探す?

貸事務所を探す時に役立つのが検索機能です。坪数、賃料、駅からの距離、築年数、用途別、設備などを細かく設定することで、相応しい貸事務所を見つけることができます。また、会社が軌道に乗れば、貸事務所以外に社員が気持ちよく働ける環境づくりが求められます。この場合、会場を貸切にしてパーティーを行ない社員同士の親交を深められます。また飲み会の開催には、貸切宴会がピッタリでしょう。ただ、今後会社を大きくするなら、社員の転勤が関わってきます。新しい地で仕事を無理なく始められるように、賃貸法人契約を結ぶ企業も少なくありません。そのため、賃貸法人契約についても前向きに考えましょう。

法人契約を結ぶ時の注意点

オフィス

信用が必要

事業を立ち上げてから間もない時に、法人賃貸契約を結ぶ場合、信用の問題で契約を断られる可能性があります。事業が軌道に乗るまで待つか、利益を出して信頼を得るなどをして賃貸会社に安心感を与える必要が出てきます。

事務所兼社宅の利用

事務所兼住宅にする場合、頻繁に来客があると他の住民に迷惑をかける恐れがあります。事務所兼住宅の方が移動や管理に手間がかからず利用ですが、他を考慮して賃貸法人契約を断るケースも少なくありません。

費用負担について

賃貸法人契約自体、会社側が全費用を負担するということはありません。実際に入居する社員が、一定に費用を負担することはあります。いずれ店舗が増え、社員が転勤となった時事前に家賃や駐車場代等の情報を伝えられるようにしておきましょう。

連帯保証について

連帯保証の有無は、契約する物件で異なります。ただ基本的に、従業員数、資本金、上場の有無、設立年数に応じて決まります。また、社宅代行が入る場合連帯保証人は不要である場合がほとんどです。

提出する書類

賃貸法人契約の際は、上場企業、非上場企業、法人経営者によって書類内容は違います。不動産会社とスムーズなやりとりを実現させるためにも、提出書類は予めチェックしておく必要があります。

貸事務所の正しい選び方&人気物件の特徴について

男性と女性

一番人気の物件とは?

賃貸法人契約ができる物件で一番人気なのは、駅から徒歩数分の場所に位置する物件です。これは貸事務所でも同じことがいえるでしょう。住む人と働く人をしっかり守るオートロック式を採用しており、24時間オンライン監視を行なう物件もあります。賃貸法人契約に至っては、複数の窓口を介さず、契約手続きができるため、入居手続きを早急に行えます。外観も今どきなのでおしゃれな生活を転勤先で送れるでしょう。会社が軌道に乗り始めたら物件探しを始めてくださいね。

[PR]
貸事務所を千代田区で利用
料金も安いのでとても人気

[PR]
賃貸法人契約はプロに相談☆
評判の高い会社をサイトでcheck!

[PR]
名古屋で貸会議室を利用しよう
コスパ◎な施設をピックアップ☆

[PR]
事務所移転は専門業者に頼むべし!
メリットを詳しく紹介☆

広告募集中